ムダ毛の処理を自分で行っている方も、多いと思います。カミソリ、毛抜きなどを使って、ムダ毛の処理をしている方の中には、何らかの肌トラブルを抱えている方も多いのではないでしょうか。

では、そんなムダ毛処理の際に起こってしまう肌トラブルのひとつ、埋没毛について、ご紹介しましょう。「埋没毛って、どんなもの?」と思われる方も多いでしょう。埋没毛とは、毛が肌の表目に現れず、肌の下で埋まった状態。しかし、外側からはムダ毛は見える状態となります。カミソリや毛抜くなどを使っても、処理することが出来ない、厄介なムダ毛となります。この埋没毛は、Vラインや脇などに起こりやすいものとなります。「どうして、そんな状態になってしまうの?」と不思議に思われる方も多いでしょう。埋没毛の原因は、毛抜きなどを使って処理をしている方に多く、毛を抜いた後に肌の表面に穴が開いた状態。この穴を塞ごうとする力が働き、毛穴を塞いだ状態となってしまいます。「毛を抜いてしまえば、脱毛が出来るのでは?」と思われる方も多いと思いますが、埋没毛の状態は、時間が経つと同じように新しい毛が埋没毛として生えてくることになります。

埋没毛となってしまうと、毛が気になり無理やり皮膚に傷をつけ、毛を抜く方もいますが、こういった対応は、更に肌の表面を傷つけ、更に厚い皮が塞いでしまうことになりますので、注意が必要。埋没毛となった場合には、サロンなどでしっかりとケアをした方が良いでしょう。

参考サイト

脱毛クリーム
除毛クリームのおすすめをランキング形式で紹介するサイトです。
ヒゲを薄くする
ヒゲを薄くする方法について紹介しているサイトです。参考になります。