脱毛トラブル

抜き脱毛法

ムダ毛の処理を自分で行っている方の中には、「毛抜きを使って、1本1本抜いている」という方、「家庭用脱毛器で、ムダ毛を抜いている」という方もいると思います。確かに、ムダ毛は剃るよりも、抜いた方が綺麗に見えますよね。しかし、この抜くという方法は、肌トラブルが起こりやすくなります。

では、抜いく処理を行った際に起こりやすい、肌トラブルについて、ご紹介しましょう。毛抜きなどで抜く場合には、抜いた際には切れに見えますよね。しかし、こういった処理を続けている方の中には、「毛穴が黒くなってきた」と感じている方、「埋没毛が出てきた」という方も多いと思います。実は、抜くという処理を続けた際には埋没毛になりやすいといわれています。わきなどに埋没毛が出来てしまえば、処理も出来ずに気になるムダ毛が増えることになりますから、厄介なもの。また、黒ずみなどが増えてしまえば、鳥肌などが立った時には目立ってしまい、不快なものとなってしまいます。そのため、自分でムダ毛の処理をしているという方は、出来ればその抜くという処理方法は止めた方が良いでしょう。

「じゃあ、どうすれば良いの?」と思われる方もいると思いますが、脱毛をするのであれば、光脱毛やレーザー脱毛を行うのがおすすめ。こういった方法であれば、埋没毛などのトラブルになることもありませんからね。更に、既に埋没毛となっている部分にも働きかけることが出来るため、肌に負担をかけずに処理をすることが出来ますよ。