脱毛トラブル

毛膿炎

ムダ毛を自分で処理をしている方の中には、「肌トラブルを起こしている」という方も、いるのではないでしょうか。自分で処理を行うのは、とても楽な方法。自分のタイミングで、気になる時に処理をすることが出来ますから、とても手軽ですよね。しかし、処理方法によっては、肌トラブルを招いてしまうこともあります。

では、そんな自己処理の際に起きてしまう肌トラブルのひとつ、毛膿炎をご紹介しましょう。ムダ毛の処理を行う際、カミソリを使用している方や毛抜きなどを使用している方も多いと思いますが、こういった処理をしている方の中には、「処理後に、ニキビのようなものが出来ている」という方もいると思います。実はこれはニキビではなく、毛膿炎という肌トラブル。毛膿炎とは、どういったものかというと、カミソリや毛抜きでの処理を行った際、肌を傷つけてしまい、そこに細菌などが入り、毛根に炎症が起きてしまっている状態。毛膿炎は、ビキニラインやワキなどに起こりやすくなります。男性の場合には、あごや胸などに起こりやすくなります。毛膿炎は、処理後すぐに現れるのではなく、処理後3日から4日後に現れるものとなります。通常は、清潔を保つことで自然と治っていきますが、かゆみがあったり、腫れなどを伴う場合には、早めに消毒を行いましょう。状態がひどい場合には、早めに病院で治療を受けた方が良いでしょう。

このように、自分でムダ毛の処理を行う際には、毛膿炎などの肌トラブルの危険性があることは、頭に入れて置いた方が良いでしょう。